ナチュラルホルモン療法

ホルモンの分泌量は一般的に20歳代をピークに減少しはじめ、40歳を境に急激に減少し、50歳以降は20歳の頃の半分以下へ減ってしまいます。

加齢によりホルモンが減少すると、様々な老化の兆候が現れます。疲労、筋肉の減少、体重増加、肌の老化、心疾患、脳卒中、ガンなど多岐に渡ります。ナチュラルホルモン療法は、減少したホルモンを補充することによって適切なホルモン分泌量(若い頃のホルモン分泌量)を維持します。
老化の改善や疾病を予防する目的の、安全性の高い予防医療・アンチエイジング医療です。

ナチュラルホルモン療法の安全性について

従来のホルモン療法は、更年期障害の治療法としてに行われてきましたが、乳がんのリスクを高める可能性を指摘され、ホルモン補充そのものが問題視されてきました。しかし、これは「合成ホルモン」についてであって、ナチュラルホルモンには当てはまりません。
「合成ホルモン」はヒト固有のホルモンとは化学構造が違っており、有害な副作用の原因となる可能性があるのですが、「ナチュラルホルモン」はヒト固有のホルモンと化学構造が全く同じものであるため、副作用が少なく、人体に安全なホルモンです。

ナチュラルホルモン療法はこのような方におすすめです。

・気力、体力の低下を実感している
・しわ、たるみ、薄毛などの外見上の老化が気になってきた
・太りやすくなった
・更年期障害
・身体の老化およびその予防(高コレステロール血症、心疾患、脳卒中など)

当院では血液検査結果をもとに、担当医師の診断とあわせて、バイオアイデンティカルホルモン補充療法の第一人者であるニール・ルージェ医師のコンサルトをお願いしています。ルージェ医師のコメントを参考に、ナチュラルホルモン講習を修了した当院の医師が、最適にカスタマイズした処方を行います。

ナチュラルホルモン療法の流れ

1. カウンセリング、採血

V

2. 米国医師の診断

V

3. 投薬方針の決定

V

4. 投薬スタート

米国医師へのコンサルトがございますので、ご来院から治療開始まで1ヶ月程度のお時間をいただきます。
V

5. フォローアップ、定期的な血液検査

ナチュラルホルモン療法の料金表

ナチュラルホルモン療法
初回採血(レポート含む)
50,000円
ナチュラルホルモン薬代
※内容によって異なります
 
※価格はすべて税抜きです。

ナチュラルホルモンの種類と効果は以下の通りです。

エストロゲン 更年期症状の改善、動脈硬化・骨粗鬆症・認知症の予防、肌質改善
プロゲステロン 乳癌・子宮癌の予防、情緒を落ち着かせる効果
DHEA 活力を高める、抗酸化作用、動脈硬化の予防
甲状腺ホルモン 活力を高める、疲労感や冷えの改善、体重を減らす
テストステロン 活力を高める、性欲回復、脂肪燃焼・筋肉を増やす、肌質改善
メラトニン 快適な睡眠を促す、抗酸化作用
プログネノロン 記憶力、疲労感の改善